さくらインターネットのワードプレスをHTTPS化してみた

さくらインターネットのワードプレスをHTTPS化してみた

さくらインターネットのワードプレスをHTTPS化

こんにちは、ろばおです。

2018年7月のGoogle Chromeの最新版で、HTTPS化していないサイトの場合にアドレスバーに保護されていない通信と警告がでるようになりました。

現在、さくらインターネットのサーバーでこのサイトを運用していますが、HTTPからHTTPSに見直ししてみたので、手順を残しておきます。

HTTPS化について

HTTPS化していない場合、アドレスバーに次の画像のような警告が表示されます。

 

クリックすると次のようにこのサイトへの接続は保護されていませんと表示され、機密情報を入力しないように注意が促されます。

HTTP通信では、通信データが暗号化されないため、外部からサイトに入力した内容の盗み見や改ざんを受ける可能があります。

HTTPS通信化し、通信データを暗号化することで外部から入力した内容を守れるようになります。

さくらインターネットでのHTTPS化の方法

さくらインターネットでWordPress(ワードプレス)をHTTPS化する手順は、次のとおりです。

1.SSL設定を有効化する。(さくらインターネットの管理画面から実施)

2.WordPressに「さくらのレンタルサーバ簡単SSL化プラグイン」のプラグインをインストールする。

 

SSL設定を有効化する

さくらインターネットのサイトにSSL設定の手順があります。

下記リンク先のSTEP1を実施し、SSL設定を有効化します。

⇒【無料SSL】サーバコントロールパネルからの導入手順

SSL化が完了するとメールが届きますが、メールが届くまで通常発行は数十分~数時間と記載されています。
私の場合は、20分ほどでメールが届きました。

さくらのレンタルサーバ簡単SSL化プラグインをインストールする

こちらも、さくらインターネットのサイトに手順がまとめてあります。

下記リンク先のSTEP1を実施し、WordPressをHTTPS化します。

⇒【WordPress】常時SSL化プラグインの使い方

以上で、HTTPS化が完了です。

HTTPS化後の確認

HTTPS化によって、アドレスバーの内容が変わったかを確認します。
アドレスバーに次のように鍵マークがでていれば、HTTPS化が完了です。

 

また、Google Search Consoleの登録を実施している場合は、「https://~」のアドレスを登録する必要がありますので、忘れずに実施してください。

WordPressカテゴリの最新記事